ごあいさつ 内科 代謝コントロール リウマチ科 予防接種・特定健診 在宅医療

医療法人 菅沼医院院長 菅沼正司 から 豊田市のみなさまへ

医療法人 菅沼医院 院長 菅沼正司

ごあいさつ


豊田市のみなさま、こんにちは

菅沼医院は昭和38年に開院し、その後平成22年に現院長が引き継いだ、豊田市のみなさまのかかりつけ医院です。
長い間来ておられるご高齢のみなさまと、そのご家族を中心に診療しています。

かぜのような軽い病気から、高血圧の症状で来院され、その後糖尿病になり脳梗塞を発症するといった生活習慣病の進行に寄り添いながら、患者さん一人ひとりの方のお体をずっと診て、通院できない状態になったときには訪問診療を行って、最後までケアして行くというのがかかりつけ医の仕事です。

生活習慣病と向き合うには

豊田市は企業城下町ですが、山間部もあり、新しく来られた若い方もいれば、昔から通っていらっしゃる患者さんも多いです。
高齢者の方に多い症状は、血圧が高い、コレステロール値が高い、血糖値が高いといった生活習慣病です。
これは基本的には全身の病気です。
心臓が傷めば心筋梗塞になりますし、脳が傷めば脳梗塞、腎臓が痛めば腎不全、目が傷めば網膜症になります。そしてそうした症状が合併症として出てくることもあります。
そうした生活習慣病と向き合うには、日々の生活と病状をトータルでコントロールしていくことが大切になります。



代謝(活性化・抗酸化)コントロール

当院は通常の内科診療のほかに、インターフェロンによる肝炎治療、関節リウマチに対する抗サイトカイン療法も行っています。

それに加えて、他のページにも書いていますが、糖尿病、脂質異常症、肝不全、腎不全、心不全、慢性関節リウマチ、悪性腫瘍、認知症など、症状が進んだ患者さんのような、著しく代謝が乱れている方に対して、症状緩和に加えて、代謝(活性化・抗酸化)コントロールによる病態管理・改善にも取り組んでいます。

慢性疾患というのは「治らない病気」ですから病気とうまく付き合っていく必要があるのですが、薬物コントロールで病気が治らなかった人に対しては、食生活の改善や栄養補助によって細かく管理しようというアプローチです。



ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

医療法人 菅沼医院 ごあいさつ

Copyright(C)Suganuma Clinic.All Rights Reserved.
WCL